税理士法人 未来財務サイトトップ

法人・企業の企業再生・多角化支援や、
業績回復支援の専門家・実績豊富な
大阪の未来財務へ!

資金調達

HOME > 成功事例 > 多額の相続税に業績悪化の追い打ちで厳しくなった資金繰りからV字回復した成功事例
コンテンツここから

多額の相続税に業績悪化の追い打ちで厳しくなった資金繰りからV字回復した成功事例

有限会社FKKサービスさまの成功事例

「莫大な相続税により、一家離散の危機におちいりました」

専務取締役さま当社は、大阪府八尾市で地域密着型の介護サービスを展開しております。在宅での介護を支援する事業所や、高齢者向けのワンルームマンション、認知症対応型のグループホームに至るまで、要介護度に合わせた施設を選ぶことができます。

先代が平成3年で亡くなった際に莫大な相続税を支払うことを余儀なくされました。

私どもは10年ほど前に介護事業に参入するまではずっと工務店を営んでおりまして、先代が亡くなった当時というのは土地が高かったので、その相続税もとても高かった。一括で支払うこともできなくはなかったのですが、商売もありますし、それを全て使ってしまうというのは、今後どんなことでお金が必要になるかもわからないので、延納という形にしました。そうしたら、本税が3億5千万程度、それに20年の延納の金利で約6億でした。

その当時はA会計事務所というところにみてもらっていましたが、決算の時しか来てくれない。こちらが出した数字をただほんとに計算して決算書をつくってくれるだけという会社でした。

今から考えれば、その税理士さんがキチッとした方だったら、うちの先代の年齢から考えて、そろそろ相続のことを考えといた方がいいですよ、とかアドバイスがあれば良かったのですが、それも全くありませんでした。何の準備もできていなかったのです。

厳しい資金繰りのなか介護事業を開始

介護中のスタッフ延納という形にしたので、マンションを建てて、その家賃収入の中から、毎年3千万ずつを返していくという計画でスタートしました。ところが、建築の仕事は徐々になくなり、土地の値段は急激に下がってしまいました。これはだめだわというときに、私の姉がこれからはお年寄りのことも考えた方がいいから、介護事業も考えてみたら?とアドバイスをくれたのです。

経緯を申し上げますと、私は、長男のところへお嫁に来て、義親とも一緒に同居し、親の面倒も看させてもらったので、どれだけ親を看るのが大変かということも分かっていたため、介護の重要性にめざめ、自分たちが「グループホーム」を運営するのはどうだろうか、と思いはじめました。たまたまそのときにマンションの部屋が一気に空いたんです。歯抜けのような状態で空いていた部屋にみなさん移動してもらい、下の階の8部屋を空けて、そこにグループホームをつくりました。

それも、お金のない中でしたから、色んな方からお金を借りてのスタートでした。

最初は人が入らないけれども、介護保険が入るのが2ヶ月後ですから、職員のお給料を先行して払うため、資金繰りも大変でしたね。借入もどんどん増えていきました。
でもやっぱり、建築は仕事もないし土地の値段も下がってしまったから、工務店だけではだめだと思いました。相続税で悩まされるなら、何かやろうと思ったんです。

ページのトップへ

資金調達で精神的に追い詰められた

それでも、建築の仕事は減っていく一方で、介護事業も始めて借金が増え、事業もすぐには安定しないし、会社の方の税金も払えなくなり、まして年3千万円の相続税など払えませんでした。
 あのときは、自転車操業でした。返すために借りるという状態。こっちで借りたらこっちで返すってやっていたら、借りるところがなくなるじゃないですか。資金調達に苦しむようになりました。精神的に、次はどこで借りよう、と追い詰められて。それが苦しかったですね。

看板そんな時に、大阪商工信用金庫の方が飛び込みの営業でいらっしゃいました。

うちは相続税もある、工務店の事業は少なくなるばかりで、介護事業はまだ軌道にのっていない。だからうちの決算を見ても仕方ないですよ、と一度はお断りしたのですが、「だめかどうかを決めるのは銀行だから、まず資料を見せてください」ということで、決算書をお見せしました。

結局、総額で10億円ぐらい、そのすべてを商工さんが振り替えてくれて、そちらで借り入れることになりました。
商工さんは、今まで出会ってきた銀行さんとは違って、本当に面倒見がいいです。細かいところまで聞いてくださいます。都市銀行の時は、本当に嫌みばっかり言われて苦しかったけど、そういうところも全然ないので、信用金庫さんは、本当に地元密着だなって喜んでいます。それも、色んな人との出会いがあって、色んな人と繋いでもらって、今があるんだなって。本当にその思いです。

商工さんにお願いするようになったころは、先代が亡くなった時とはまた別の会計事務所にお願いしていました。良くしてくださって、相談にも乗ってくださっていたのですが、どうしても、マンション経営のぶんと、工務店のぶんと、それから介護のぶんの3つのお金の回っていきかたとか、今後についての的確なアドバイスはいただけなくて。

商工さんも、それを見ていて危機感を感じられたのかもしれないですね。それで、未来財務さんを紹介してくださったのです。それまでの先生にはお世話になっていたし、どうしようかな、という気持ちはありましたが、やっぱり銀行が言うからには、何かあるのだろうな、と思いました。

それに、銀行から言ってきてくれていることだから、うちの内情を分かった上で、来てくださるっていう安心感が一番先にありました。洗いざらい話して、その上で受けていただけるなら、ありがたいと、そう思いました。

未来財務と出会って気が楽になった

それで未来財務の先生に来ていただいて、全部お見せして、そしたら徐々にこうしていきましょうっていうプランを立ててくださいました。それまで一人でどうしよう、どうしようって、抱え込んでいたものが、すごく気が楽になりました。

代表と先生未来財務の代表である中野先生が、うちを見られてよくここまでやって来られたなっておっしゃっていました。よくこんな綱渡りで、という意味だと思います。事業所のほうは、かなりしっかりした収益構造になっていまして、徹底的に収益が出る状態だったのですが、当社の相続税の借入が多額でしたので、返済負担が莫大で、介護の収益ではとても返済できるような金額ではありませんでした。不動産の収益ももちろんありますが、全部足したとしても、返済がなかなか賄えない状態で、過剰債務でした。月々の負担が重く、払っても払ってもない、という状態で…。

そこから商工さんには何度か組み換えをしていただいて、返済は別会社でマンションの管理会社を作り、そちらでしていくことになりました。毎月このくらいだったら返せるだろうという数字も全部出してくださって、金融機関もその通りにしてくださったので、そこから本当に気分が楽になりましたね。
まだまだ苦しいですけど、計画通りの数字にいけるように仕事を頑張れば、なんとかできる数字になりましたので。

未来財務さんは全部ひとつひとつ数字で表して、銀行と交渉してくれて、すごく助かりました。
私たちは、銀行に良いことは言えても、こちらの都合の悪いことは言いづらい。当社は先代の時からメインバンクは三井住友とか第一勧業銀行などの、いわゆる都市銀行とお取引していました。
そういう銀行って、良いときは良いのですが、ちょっと支払いが遅れたりすると、ものすごく怒られるんです。

それで、銀行には自分の会社の弱みは絶対見せちゃいけない、とずっと思っていました。

そんなことが重なり、そのぶん自分が抱え込まなきゃいけないから、ストレスがすごく大きかったです。でも、未来財務さんにはそういう言いづらいことでも正直に言えるようになりましたし、そういう部分も全部くみ取ってやってくださるので、本当に楽になりました。

担当する会計事務所でこんなにも違うとわかった

こんなに担当していただく会計事務所によって違うんだなって、今回本当に思いました。

数字をやっていただくだけではなく、自分たちの悩み、今後どうしていくか、という企業再生のところまで親身に相談に乗ってくださるっていうのは、すごく心強いですし。先日お金を借りるときに、全部早瀬さんのほうから決算書を渡してくださって、あとは面談に行って、当社の介護の話を、担当の方としただけで通ったので、本当に楽でした。いかに見栄えのいい決算書をきちんと出してくださってるかで、こんなにも違うのかと思いました。

今までだったら全部、担当の方とお会いして、根掘り葉掘り聞かれて、こうなんですって説明をしなきゃいけなかったのが、決算書がしっかりしているので、それで大丈夫だったのです。本当に助かっています。

親身に相談に乗り、的確なアドバイスをくれる

高齢女性とお弁当今は長男が社長ですが、息子には、経理面のことは未来財務さんに相談すれば絶対良いアドバイスをくれるから、あとはあなたが、利用者さんをいつもいっぱいにできることを考えて、職員を大事にすることを考えれば良いよ、と言っています。

数字的なことは、未来財務さんにお任せして良いと言っています。経理は経営の要だと思うので、未来財務さんならきちっと見ていただけるので、安心しています。

未来財務さんの勉強会に出席させていただくのも、やる気を起こさせてくれます。他の業者の方の話を聞くと、業種は色々あれども、会社をやっていくっていう根本は一緒だな、と思います。数字を見ることと、人を大事にするっていうことだな、と、いつもそう思います。色々あるけれど、やっぱり人と人だから。いろいろな人の話が聞けるのはとても勉強になります。

中野先生が、最初にお話しした時に、「任せてくれたら絶対に楽になる時が来るから、それを目指してお互いに頑張りましょう」と言ってくださったんです。「今まで頑張ってきたんだから、大丈夫。絶対笑える日がくるから」って、おっしゃって。本当にくるのかなって思いましたが、その時先生、目に涙溜めて言ってくださったと思いますよ。先生も昔辛いことがあった、とおっしゃってました。だから、一緒に頑張りましょうと言ってくださいました。とても心強かったです。

未来財務のおかげで今がある

考えてみれば、もっと色んなアドバイスをしてくださる会計事務所がいいと、今なら分かりますが、それまでの先生にかかっていたときは、それがベストだと思って私たちは付き合っていたわけです。

私もそれまで何回も、別会社を作って、借入をそっちへ持っていくことはできないんですか、って、相談していたのですが、担当の方も、日々の仕事に追われているのか、また先生に言っておきます、と言うだけで、そこから先へ進みませんでした。もしかすると、先生と考えてはくれたけれども、どこから手を付けて良いのかわからなかったのかもしれません。

FKKサービスの今があるのは、当社の収入と借入のバランスをきちっと見定めて、今後の仕事が順調にいくように未来財務さんがアドバイスをしてくださったからだと思うんです。ただ決算をしているところ、ではだめなのだとわかりました。きちっと数字を見て、その個人個人に合ったアドバイスを的確にしてくださるところを選ばないと、ただ顧問料を払っているだけで、お金を捨てているようなものだなと思いました。
相談をしたことに関して、きちっと親身に考えてくださるところでないと、だめだと思います。

本当に、未来財務さんと出会えて、会社のほうも回復の兆しが見えてきて、良かったと思います。
幸い、介護事業は軌道に乗り始め、本当にV字回復ができて、未来財務さんには足をむけて眠れないね、とみんなで話しています。

未来財務さん、本当にありがとうございます!

■企業様情報
八尾市の老人ホーム・介護施設・認知症状対応グループホーム
有限会社FKKサービス 専務取締役 福田弘子
 住所:〒581-0847 大阪府八尾市東山本町6-9-35 サンピアハイツⅠ-2F
 電話:0729-44-8787 FAX:0729-44-8887
 http://www.ureshiyatanoshiya.com/

■取材日
2014年6月20日

コンテンツここまで

ページのトップへ

金融機関の皆様、企業経営者の皆様へ

「金融円滑化法終了に伴う実抜計画作成」相談会のご提案

著作紹介

独立開業を成功に導くはじめての資金調達

中野 洋・著

出版:幻冬舎(平成26年11月)

独立開業予定の方は必携の書!

詳しくはコチラ

事業継承」入門

基礎知識から節税対策まで

税理士法人 未来財務・著
協力 社団法人税務経営研究所

出版:ファーストプレス(平成24年5月)

詳しくはコチラ

資金調達ホットライン!

24時間、ご相談に対応!こちらをクリックしてPDFをダウンロードし、 プリントアウトしてFAXしてください。

起業家応援パック

会計顧問&関連サービスのフルパッケージ

みらい経営「元気塾」2期

若手・後継経営者、経営幹部向け講座

金融機関の皆様へ

財務面での経営立て直しで 成功事例が豊富です!

詳しくはコチラ

公式サイトはこちら 未来財務では創業資金の調達も全面支援!
3万円キャッシュバック中!くわしくはコチラ 相続税の対策や事業継承の
無料相談なら未来財務へ
専用サイトはコチラから

中野 洋 Blog

事務所の方向性や、目指す事を不定期に綴っていきます。

一日公庫のご案内

日本政策金融公庫の担当者様をお呼びする、融資相談会です。

月刊未来財務News

最新セミナー情報、コラム、 読者プレゼントもございます!