税理士法人 未来財務サイトトップ

法人・企業の企業再生・多角化支援や、
業績回復支援の専門家・実績豊富な
大阪の未来財務へ!

「低迷」のケース・その3

HOME > 企業再生 > 企業再生コラム > 「低迷」のケース・その3
コンテンツここから

コンプライアンス違反はあなたにも起こりうる?

コンプライアンス違反はあなたにも起こりうる?企業が倒産に至る場合、ハッキリとした理由がなくじわじわと追い詰められるというケースが多いのですが、逆に、素人目に見ても明らかな理由がある場合があります。

それが法令違反、今風に言うなら
コンプライアンス違反です。

 

代表例が粉飾決算。会計の数字を操作することで黒字に見せかけるという、
インチキな決算でその場をしのぐ古典的な手法です。

近年では、原材料などの虚偽表示も目立ちます。よくニュースになっているのが食品で、
外国産を「国産」と表示して販売したり、似た味の食材を、高級食材と偽って
客に提供したりといったインチキです。

いずれも、モラルの欠けた人が犯した「特別な例」というふうに見えるかもしれません。

「ウチは正直者しかいないから、そんな犯罪まがいの行為は起こりっこない」
「大きな企業でしか起きない話だろ?」

こんな風に対岸の火事のように思ってしまう経営者の方もおられるかもしれませんが、
決してそうは言い切れません。コンプライアンス違反の落とし穴は、
誰の身の回りにもあるといって過言ではありません。

ページのトップへ
人気に火がついた洋菓子店C社の場合

人気に火がついた洋菓子店C社の場合洋菓子の製造販売業C社は、大忙しでした。
C社が作っている「X」という商品が、テレビに紹介され、
人気に火がついたからです。

テレビというのは、1社が取り上げると、他社もそれに習うという性格があります。最初にあるテレビ局の情報番組で紹介された後、別の局で人気タレントが司会を務めるバラエティ番組も
取材にやってきました。
この影響で、それまで知る人ぞ知る隠れた名品だったC社の
お菓子「X」に、一躍注目が集まることになったのです。
連日電話は鳴りやまず、インターネット経由でも続々と
注文が舞い込みます。まさに「嬉しい悲鳴」という状態です。

しかしここで問題が起こりました。あまりの注文の多さに、
材料の納品が追いつかなくなってしまったのです。

「X」のおいしさの秘密は、C社が開発した製法によるところが大きいのですが、
もうひとつの理由が厳選した材料にありました。
玉子やバター、チーズなどの材料は、いずれも独自のルートで仕入れている最高級のものばかり。それだけに大量生産はできません。これまでは「隠れた名品」として細々と販売していたため
何の問題もなかったのですが、人気に火がつき大量の注文が舞い込んだことによって、
仕入れ先の在庫がゼロになってしまったのです。

このピンチにC社の社長が選んだのは、別の仕入れ先から材料を買うというやり方でした。
いつもの材料でなくても、それなりに良い玉子やバター、チーズを使えば、味も落とさず、
注文にも対応できると考えたのです。

人気に火がついた洋菓子店C社の場合試しに作ってみると、もとの商品と同じようなおいしさのものができました。「X」の広告には、「○○産の厳選素材」とうたっていますし、テレビの取材にもそのように答えていたので、社長の行為は「偽装」になるのですが、正規の仕入れ先からの在庫が回復するまでの一時的な措置だからやむを得ないと判断し、社員にもそのように伝えて理解を求めました。

結果的に、この判断がC社の致命傷となりました。「味が変わったような気がする」という客の問い合わせが数件あり、それから間もなく、新聞や週刊誌の記者が取材にやってきました。後でわかったことですが、社員の1人が「これ以上ウソはつきたくない」と、
いわゆる内部告発をしたのです。

 

C社がこれまでコツコツと積み上げてきた信用は、一気に吹き飛んでしまい、
倒産に追い込まれることとなりました。

ページのトップへ
偽装の背景は実は複雑

偽装の背景は実は複雑C社の判断ミスがどこにあったかは指摘するまでもありませんが、もし社長が、「原材料がなくなったので」と正直に販売の一時中止を宣言していれば、
それですんだ話かといえば、
そう単純でもないのです。

というのも、C社は「X」が爆発的に売れるようになったため、「X」専用の製造ラインを増やすという多額の設備投資をしていたのです。このため販売を中断すれば、経営にダメージを受ける危険性がありました。社長は偽装の動機をたずねられ、 「しかたがなかった」とコメントしています。

このように、コンプライアンス違反は、「モラルのない悪人が引き起こす」と
決め付けられない部分があります。
最初に述べた粉飾決算も、銀行の融資を継続するための一時しのぎに
「しかたなくやった」という人は多いのです。
誤解しないでほしいのですが、「だから悪くない」と擁護しているわけではありません。
条件がそろえば、誰だって手を染めてしまう危険性があるということです。

そしてその危険な条件は、会社の経営が厳しいときだけに生まれるのではありません。
C社のように、売上が伸びるような環境の変化があったときにも、要注意なのです。
C社が、嬉しい悲鳴を上げるようになったときに、もう少し冷静に対処していれば、
偽装に手を出す必要もなかったといえます。

そうはいっても、業績が好転しているときに、それに水を差すような冷静な姿勢を保つのは
難しいもの。そういうときこそ、第三者のアドバイスが有効です。

私たち未来財務は、企業再生・V字回復のプロフェッショナルです。
業績が好調に伸びているときでも、御社の問題点を洗い出し、
経営環境がマイナスに転じたときに備えた確かな助言とプランの提案をいたします。

備えあれば憂いなしといいます。業績が好調な経営者のみなさまや、
急な環境の変化で戸惑うくらいに売上が伸びている経営者のみなさまも、
ぜひお気軽にご相談ください。

未来財務では初回の相談を無料で承っております。

バックナンバー

 

コンテンツここまで

ページのトップへ

金融機関の皆様、企業経営者の皆様へ

「金融円滑化法終了に伴う実抜計画作成」相談会のご提案

著作紹介

独立開業を成功に導くはじめての資金調達

中野 洋・著

出版:幻冬舎(平成26年11月)

独立開業予定の方は必携の書!

詳しくはコチラ

事業継承」入門

基礎知識から節税対策まで

税理士法人 未来財務・著
協力 社団法人税務経営研究所

出版:ファーストプレス(平成24年5月)

詳しくはコチラ

資金調達ホットライン!

24時間、ご相談に対応!こちらをクリックしてPDFをダウンロードし、 プリントアウトしてFAXしてください。

起業家応援パック

会計顧問&関連サービスのフルパッケージ

みらい経営「元気塾」2期

若手・後継経営者、経営幹部向け講座

金融機関の皆様へ

財務面での経営立て直しで 成功事例が豊富です!

詳しくはコチラ

公式サイトはこちら 未来財務では創業資金の調達も全面支援!
3万円キャッシュバック中!くわしくはコチラ 相続税の対策や事業継承の
無料相談なら未来財務へ
専用サイトはコチラから

中野 洋 Blog

事務所の方向性や、目指す事を不定期に綴っていきます。

一日公庫のご案内

日本政策金融公庫の担当者様をお呼びする、融資相談会です。

月刊未来財務News

最新セミナー情報、コラム、 読者プレゼントもございます!